2014年09月26日

虹人物語(外伝)・・・・「アルハンブラの想い出」

ギターの最もポピュラーな名曲「アルハンブラの想い出」
この曲の作曲家、タルレガは記譜の仕方を間違った?!
いや、そうではない。これは「メッセージ」なのだ。

虹人は、セゴヴィアからのメッセージとして「同時だよ!」
という謎の言葉から、「アルハンブラだ!」
感じたのは、2014年9月10日のお昼頃。
すぐに実行する。
「弾けない!」
「ベースとトレモロの最初の音を同時に弾く」
この単純な発想が、普通に弾くことに慣れてしまうと、なかなか出来ない。

これは、意識を変えないとダメだ。
「流れ」これだけに意識をやる。
同時に弾くと、音の流れがハッキリする。
緩急が自然に出る。
強弱が勝手に付く。
音色は、弾く位置を変えなくても、何故か、出る!?
頭は完全に指揮者でよい!

これは???

楽譜通りの、普通の弾き方を、全て実行した者にだけに授ける「メッセージ」
タルレガは、この曲にある秘密の宝物を隠した。
そして、罠(謎)を仕掛けた!
それも、7つも・・・・・
まず、音の粒を揃えて、間隔を正確に取って弾く! ・・・・・これが第1の罠。
第1の罠に落ちずに、次のステップに行くと、
トレモロを一固まりとしてとらえる!・・・・・・これが、強力な謎。
第3は、内声。内声に気が付いた人が、親指で頑張ることで落ちる罠。
第4は謎は、巧妙です。内声に人差し指を使う! このことに気が付くと・・・・・
第5は、トレモロの装飾音符です。
やっと、ここで装飾音符をゆっくり弾くことに気が付くように仕組まれています。

ここまで全ての謎をクリアーしてきた者に授ける「同時」という鍵!
この鍵を手に入れると。「アルハンブラの想い出」という最後の壁(?)が前に??・・・・
そして、最後の罠。  最後の謎。

トレモロ・スタディー。 アルハンブラの想い出。  この名前!

これぞ、タルレガの仕掛けた最後の罠!!
ふふふふ・・・・・・

さて、みなさん!
この先は、書きません。
これは虹人だけが見える世界。自らが謎を解いた者にしか見えない世界。
残念ながら教えることは出来ません。というより、書けません、言葉では。
posted by 島崎陶人 at 23:03| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月12日

アルハンブラ外伝

アルハンブラ外伝.pdf

「アルハンブラの想い出」の出だしです。
posted by 島崎陶人 at 11:20| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

バッハ;ガヴォット(物語付き)

名曲、バッハのガヴォットに物語を付けました。

楽譜の下に、ストーリーが書いてあります。
「プラテーロと私」のように、弾き手と読み手、
さらに、紙芝居も一緒にすると、面白いですよ!バッハ;ガヴォット(物語付き・・1>.pdfバッハ;ガヴォット(物語付き・・2>.pdf



posted by 島崎陶人 at 22:27| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

なぜ今頃、「音楽の作り方」などという大それたことを書いているのか。

ある時、「アルハンブラの想い出が大好きです」という青年と出会った。
彼に「エエ曲やなあ!どや、熱く語ってみないか?」
すると、彼は「トレモロが好きです。」
で、お終い!、ジ・エンド!
私は「え?! それだけ??」
彼は、元気に「はい!」

んなアホな!!!!
私なら2時間はしゃべりまくる自信がある。

その時は、ショックでしたが、やがて・・・・・
私の方がおかしいのかな?

それなら、それとして・・・・・
本当の「アルハンブラの想い出」を、いつか解説してやろう!
その為には、どうしても「音」が要る。
あの「音」がなくては、話せない!
くやし〜〜〜〜〜!

と思ってから、割とすぐに、その「音」を発見した。
50年間探し求めた「音」

これは、ひょっとしたら、かの青年のおかげかも知れない。
最近、そう思うようになった。

「トレモロが好きです。」
この拍子抜けの言葉に、私の身体が反応した!
50年の想いが、沸騰したのかも知れない。

発見すると、この「音」は単なる「音」では留まらなかった。
ギター本来の「音」だったのだ。
セゴヴィアさんは、絶対に苦労して、努力して、あの「セゴヴィアサウンド」を手に入れたはず。
ところが、手に入れたとたん「こんな簡単なテクニックは、教えるのヤメ!」
そう決めたのではないか?!
と勘ぐりたくなるほど簡単な奏法だった。
簡単過ぎて、見つけられない!
あまりに単純!

あるSFに、・・・金銀、プラチナで出来ている星があった。
そんな星の住民が大切にしている宝物がある!
いったいどんな素晴らしい宝物なのか?
・・・・・・・・・・・・・その星の宝物は・・・「鉄」だった!

また、ある大金持ちの家に泥棒に入った者が目にした、大富豪の宝物は
・・・・・・・我が子の遊び道具や、写真だった!・・・・・・・・・・

私にとっての宝物は「音」です。
しかも、誰にでも出せる「音」
でも他人には解からないかもしれない。

音楽家にとって「音」が宝物でなくなったら・・・・・・・
きっと私には解からないナニかがあるのだろう。

ひょっとしたら時代の大きな変わり目。
ならば、書いて残しておくと、ずっと先で、これを必要としている人間に出会うかも知れない。
そして、西岡建雄さんとの出会い。
書いて残しておこう!
そんな気になったのです。

楽しくギターを弾く!
誰でもギターの「音」が出る。
私の生きている、存在理由!


そうと決まると、後ろから押されている感じがした。
「早よしなさい!」
そんな声が聞こえる。
posted by 島崎陶人 at 23:07| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月31日

ソル;練習曲第14番

練習曲第14番(白黒の普通の楽譜です)<1>ソル;練習曲第14番<1>.pdf



練習曲第14番(白黒の普通の楽譜です)<2>ソル;練習曲第14番<2>.pdf

随分前に書いた楽譜です。
音玉楽譜になるのは、まだまだ先です・・・・・・スミマセン

posted by 島崎陶人 at 11:04| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月17日

とうじんメソッドとは・・・・

とうじんメソッドの表紙ですとうじんメソッド<1>.pdf

1ページ目ですとうじんメソッド<2>.pdf

あとは、8月3日のお楽しみ・・・・

posted by 島崎陶人 at 19:19| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

ポンセ;ファンタジアから

前回の内容を説明するのに、ポンセのファンタジアを使ってレッスンした。
一人には通じて、もう一人には通じなかった。
音玉楽譜の黄色、オレンジ系の色(パッと目に入る場所)が分かり易い。
というより、そのつもりで描いたのです。

「レッスン内容が生徒さんに通じる」ということは、そのレベルに来ている。ということ。
「通じない」のは、先生の責任。
そのレベルに来てないのに言うて、どないするねん!!

なのですが、これがなかなかに難しい。
つまり、私の場合は、考えて口にしているのではないから。
順を追って話している訳でもない。
全て、その時のインスピレーション。
ま、思い付きでしゃべっています。

目の前に広がっている景色を写真に撮る。
その写真の景色を見て、「自分は知っている!」
と思い込んでいるのが、「音楽愛好家」
ま、特に「ギター愛好家」&「ギタリスト!」

先生は、写真の中にある「景色」を、実際に「その場」を経験させる。
それが出来たら、最高のレッスン!
そう思っています。
その意味から、偉大な音楽家は、レッスンには向いていません!
ガイド役の人の方が「それらしい」ことを説明できるのです。
以前にも書きましたが、
本物の巨匠は「現場で生活している人」なので、普通になっているのです。
ところが、ガイド役は、外からしか知らないから、なぜか大袈裟に説明出来るのです。

この「大袈裟に説明」する。ということが大事なのです。
生徒さんを「分かったような」気にさせる。
ここから生徒さん自身がスタート出来るからです。
だからレッスンでの私の演奏は「大袈裟」なのです。
だから、それなりに「オモロイ」演奏なんですよ、レッスンでは・・。
その大袈裟さな演奏が人前で出来たら・・・・・

この「たら」が出来そうな予感なのです。
トローバでやってみよう!
そう思いました。
それで、次回のプログラムには
トローバの個性的曲集から4曲、別に1曲、さらに勝手なエンディングを付けて、
「5つの小品」として弾くことを決定しました。

そうそう、ポンセのファンタジアの、その部分を近々録画してみようかな・・・・・・
と思ちょります。
posted by 島崎陶人 at 08:38| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月06日

レッスン1

音楽の「流れ」がやたら伝わるようになった。
これは、私の説明や演奏が変わったからか?
それとも、生徒さんが上手くなったのか?
はたまた、世の中の流れなのか?
「揺らぎタッチ」の後からは、言う事、すること全てが伝わる。

初心者の方も同じ。
弾き方ではなく、音楽の捉え方から入っていきます。
もちろん「伝わる」
やはり、ギターメソッドは変えねばなりません。
世に出ているメソッドは、いかに器用に「音を取るか」だけ!
音楽とは無関係のメソッドです。

美しい音など「誰にでも」簡単に出る。
それは、写真で見る景色のようなもの。
実際には「四角」ではない。
いつ見ても「同じ」景色ではない。
実際の景色には、「音」「香り」「動き」・・・・・イロイロある。
そのイロイロから入ると、つまり「生活」から入ると・・・
音楽にも同じことが言える!
四分音符だけが並んでいても、そこには4つの速度が存在する。
楽譜の知識が先行している方には、とても理解出来ない内容。
でも・・・・・・
今は、そのことが生徒さんに自然に伝わる。
だから、生徒さんが演奏した後、見学している方から自然に拍手が起こる!
音楽が「自然」だから。
楽譜から「音を取った」レベルの領域からは、拍手は起こらない。
上手く弾けたかどうか、は全く関係ない!!
自然な流れを感じたかどうか!
音はウソでも、弾き手が「感じた」ら・・・・・
それが「音楽の世界」
そこからスタートする。

では・・・・・・
ポンセにトローバ・・・・・30年以上前のレパートリーを掘り返してみよう。
今の自分が、昔の自分にレッスンをしながら・・・・。

posted by 島崎陶人 at 10:04| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

言葉とカップと弦

言葉はコーヒーカップのようなものだと言われます。
「想い」を「言葉に」乗せて相手に伝える。
コーヒーをカップに注いで出す。
みたいな・・・・・

ギターという楽器と演奏者の間にあるのが弦。
弦に「想い」を乗せて、楽器に伝える。

「似ている」と思う。

弦に「想い」を乗せるタッチ。
これが「揺らぎタッチ」
その表現方法が「技」    

読譜力とは、いかに早く楽譜を音にするか、ではない!!
それは、まるで「コーヒーの早飲み!」みたいなもの・・・・・違うか?

ソルや、タルレガの小品。ポンセやトローバの小品。
それらの作品の中に、俳句のような印象を感じる。

少しだけ不自由にすれば、なぜか、無限の世界。音楽の世界に入れます。
自由の中には、存在しない不思議な世界です。
それが、ギターの名曲。
俳句は5・7・5の17文字。
音楽は、3と4の組み合わせ?? その3と4をつなぐ1と2.
これが私の感じている音楽。

1・・・・人間
2・・・・演奏者と聞き手
3・・・・ギター、演奏者、弦
4・・・・ギター、演奏者、弦、聞き手

posted by 島崎陶人 at 10:19| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

「待ち合わせ」という技

クイッ、から生まれた新しい「技」もそろそろマトメる時期にきた。

この「待ち合わせ」なる技は、タイミングの取り方のヒントになる。
親指の使い方で2種類ある。
次の音の準備を素早くする。これは「普通」のこととして実践してないと逆効果におなる。
本来はpも他の指も同時に用意するべきなのに・・・・pだけが遅れる、という技。

では、具体的にリュートの為の4つの小品から、
白い花、出だしストローク。
3度進行の最後。ベースと上の3度。@とAを先に準備する(右手)遅れてベースが
この時、ベースが来ると同時に弾く!
つまり、音が待ち合わせた!

このタイミングの応用は、・・・・・自分で感じてから、探してちょ。
posted by 島崎陶人 at 19:01| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

心機一転

自分のブログがあるのを忘れていた。
HPの掲示板にばかり書いて・・・・・
ま、どうでもいいことは、こちらに書く方が良い。

49の「技」を全て記録すると、どうでもよくなり、
「クイッ!」の発見につながった。
そこから、3本のDVDを作ると・・・
またしても、過去の出来事!として、忘れてしまう・・。
もう少しで、島崎メソッドなる小冊子が出来る。
出来ると、きっと・・・・・・・ポイッ!

今、新しく「技」を開発している。
実際には古くから使っている「技」もあるが、文章化とか、映像化してないだけ。
来月には「右手のグリサンド」というピアニッシモの音を出すヒントを記録する予定。
そのうち、「サスケ」「村雨」「コン!」「遺言弾き」などの技もまとめておかないと
次のステップに上がれない。
ステップを上がるには、まとめて、記録すればよい。

ところで、このブログも過去のものは
やかましい!ので削除することにしました。

ま、いつものことですが、
時々は見てやってくださいますm(__)m
posted by 島崎陶人 at 08:30| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

演奏家は脚本家

以前にも書いたことだが、演奏家は脚本家とよく似ている。
元になる話が「楽譜」
それを元に、脚色する。その力が演奏する力。
しかし、世は、曲をたくさん知っているとか、動くとか、物知りだとか、過去の事実の量で演奏家を計るようです。
勘違いの極致です! しかも世界中の音楽家が勘違いしているので、それが常識として受け入れられています。
まるで、中世の「魔女」そのものです!
音楽を作り出す「力」とは? なんでしょう?
それを才能という言葉で片付けると簡単です。
ノー! 
ちゃんとあるんです!
脚色の仕方!
それを、これから文章と演奏の2通りでDVD化していこうと思います。

posted by 島崎陶人 at 23:29| ギター教本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

運命の日が過ぎた

2012年12月21日が過ぎました。新しい時代の幕開けです!
今までの感覚を切り替えましたか?まず時間の感覚、次に身体の感覚、次に空間の感覚。
時間は少しづつ前後に揺らぎます。だから音楽もそれに合わせると……。
身体もよ〜く感じ取ると、何かが揺らいでるはず。フワフワとした……記憶をたどると、赤ちゃんの頃の、全てを親に委ねた感覚…一瞬先も、すぐ前のことにもこだわらない、楽しいことは何度でも……本来の姿は赤ちゃんになれば簡単に……。
空間は音で満たせばよい。強弱、緩急、高低、香り、色彩、前後、左右、上下。簡単カンタン。
posted by 島崎陶人 at 10:20| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

「音楽」は“音”と“間”で出来ている。

この単純な関係をスピーカーのなかった時代の人々は自然に理解し実践していたはず。そんな世界では他人と比べる必要もなく人それぞれに楽しめたと思う。
レコードの出現で、始めこそ本物が流れたと思うが、すぐに…偽物の天下に取って替られた。
CDになってからは、もはや本物は、逆に色あせた「音」に変色されているかのようにさえ感じる。自分が出来ないから、よけいにいらだちをおぼえた。
しかし、もうすぐ、それも終わる。あと一年!
来年の12月からは、私が本物の「音楽」を提供します。
私には、その責任と義務があります。
なぜなら、quiを発見する者に選ばれたからです。
まるで古代の秘法のようなqui。ギターを弾く人の心の扉を開ける魔法のテクニック!
50年後のクラシックギター教本は薄い……たった2ページの本。
人と比べる必要がない。「音」だけで楽しいから初級も上級もない。教える必要がないから、教室もない。
夢の世界誕生!
posted by 島崎陶人 at 21:44| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

バッハからのメッセージ…《1》

5つは、風
4つは、水
3つは、動物
2つは、植物
posted by 島崎陶人 at 12:10| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

バッハッハッハ

「自由な発想」と「バッハ」

自由というと、なんでもあり! みたいな概念、ありませんか?
それ、違います。芸術という分野から見た「自由」は・・楽しい・・
に非常に近いんです。だから、楽しい発想と言い換えてもいい。

 で、その「楽しい」という内容が・・・その人の人格なんです。

  「快と不快」について少し見てみましょう。

 教える、伝える、という仕事は、自分の価値観をしっかり持つところから始まる。
 だから、受付けられないモノに対しては拒否するか。逃げるか。
 そして、「不快なモノ」に対しては、まずその現象が、どこから来るのかを感じる力がいる。
 ここに、枯れて汚くなった花がある、横に美しく咲き誇った花がある。
 枯れた花は、正にその生涯を閉じようとしているだけで、相手に不快感を
 与えようとしている訳ではない。ここが大事。
 「不快音」の持ち主が、相手を不快にさせよう!としているのか、
勘違いなのか。ある過程で必要なことなのか。

 美しい花を見て、優しい気持ちになるのは、見ている人の本来の姿を見ているだけ。
 美しい花を見て、なんとも感じないのも同じ。
 枯れていく花を見てバッサバッサと切ってしまうのも、その人の本性を見ているだけ。
 
 なにかに触れて、結果を見て、判断を下す時は、余程注意しないといけない。
 それは、自分自身をそこに見るから・・。
 
 教える、伝える、という仕事を選んだ瞬間から、自分の本性との付き合いになる。
 だから自分の価値観をポジティブに(肯定的に)しておくことが絶対条件!
 もし、ネガティブな(否定的な)状態で人に接すると・・・・
 悪い波動を撒き散らすことになる。これは、最悪!
 
 バッハを弾こう! どんな楽器であれ、どんなジャンルであれ、バッハを弾くことで
 ナニかを感じ、そこからスタートすれば、不快と感じる主、愉快と感じる本性が見える。
 バッハに接すれば、やるべきことが解る。それが音楽。

 バッハで解らなければ・・・・音楽を止めた方がよい。
 だから、バッハは怖い存在だった。が、今は違う。とても優しい存在になった。
 あと半年で60歳。胆に銘じてこれからの人生を送る!

今年は、フーガで締めくくる。昨日の夜から楽譜を書き出した。
 
 
posted by 島崎陶人 at 09:45| Comment(3) | blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

あんたたち旅に出なさい 英訳

There was once spoild sisters.
One day, their mother said to them.
"Go on a trip!"
"Yes, Mom!"

Take one bag only.  When in trouble, youmay open it."
They carried it on their back in turn.
They started off on their trip with joy.

Tambring on their boat.
Splashing on the waves.
Fluffing in the air they went.
Further further they went on their jurney.

Sprashing came the drops of rain.
They took shelter under the leave.
Lonly their felt suddenly.
"Let's open the bag, sisiter?"
"But, we are not in trouble yet."

Look! the rainbow!
They started again on their trip.

GU〜〜・・
"Am I hungry!"
"Let's there anything in the bag?"
"Let's open it."
Gee! It's a guitar!
It can't fill our tummy.
What shall we do?
Let's strum it.
・・・Again!
Great! rice ball!

Filled with rice ball, they went on.
Taking only one bag.
to to to・・・

posted by 島崎陶人 at 17:22| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

自己紹介(ホームページ開設用ログ)

ギターとの出会い・・・・・

  小学校5年の2学期、肋膜炎で半年休学。その時に寝たきり盲人から習う。
  ギターは・・・・目を閉じて、寝て弾くものと信じる。・・・・

初めて人前でギターを弾く・・・・・

  中学1年の夏休み・・・・・吹奏楽部のA君の前でソルの練習曲1番を演奏
  A君の「エエ曲やなあ・・」の一言でショックを受ける・・??
  その頃、自分では、そんなにエエ曲やと思ってなかったので、
  そんな自分が恥ずかしくて・・・・エエ曲やなあ!と感じるまで
  ソルの1番を演奏するのは待つ!と勝手に決める。
  そして、今年2008年3月3日。メッチャエエ曲やん!と感じる。
  47年目の開眼。

初めてのコンサート・・・・・・

  高校卒業後、神戸元町にあるイギリス系英語学校、聖ミカエルで行う。
  開演直前にステージ横のカーテンが燃え出す! 前途多難の予兆・・

初めての生徒・・・・・・
  稼ぐ為に、初めて2人を教える。これより、全ての生徒が実は先生となる・・。

そして・・・・・セゴヴィアさんのコンサートを聞いて、メッセージを受ける

イロイロあって、ブログで世界に発信することに決める・・・・
posted by 島崎陶人 at 12:59| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。