2014年06月30日

「待ち合わせ」という技

クイッ、から生まれた新しい「技」もそろそろマトメる時期にきた。

この「待ち合わせ」なる技は、タイミングの取り方のヒントになる。
親指の使い方で2種類ある。
次の音の準備を素早くする。これは「普通」のこととして実践してないと逆効果におなる。
本来はpも他の指も同時に用意するべきなのに・・・・pだけが遅れる、という技。

では、具体的にリュートの為の4つの小品から、
白い花、出だしストローク。
3度進行の最後。ベースと上の3度。@とAを先に準備する(右手)遅れてベースが
この時、ベースが来ると同時に弾く!
つまり、音が待ち合わせた!

このタイミングの応用は、・・・・・自分で感じてから、探してちょ。
posted by 島崎陶人 at 19:01| blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。